アイフルホーム


Aさま邸・住まいづくりのストーリー №3

お部屋の設計で気を使ったことはなんですか?


広々としたリビングです。 母に「リビングの広さは亭主の懐の深さ」と言われ、「ああ、なるほど」と感じた私は、そのように設計しました。 住んでみて、子供がのびのびと遊んでいたりするのを見ると「家族でくつろげる良い場所ができたな」と実感しています。

Aさまの「住まいづくりのストーリー」を一言で表すと?


『自分の城ができた』です。 太陽光パネルを設置して、自分達で使う電気を自分の家で生み出し、エコな生活ができていることに 喜びを感じます。また心配していた資金面も、無理なく回すことができ、磐石な我が城です。


一覧へ
Page Top